サラリーマンの副業の選び方、4つのポイント

区切り線

サラリーマンの副業の選び方、4つのポイント
①初期費用がかからない
②在庫をかかえない
③利益率が高い
④継続収入になる

区切り線



コンビニエンスストアの雑誌で、
「失敗しない副業選び」「サラリーマンの副業の選び方16選」などの見出しが目立ちませんか?

先行き不透明な社会情勢から、大きな昇給を望みにくい世の中、
新しい収入の柱を求める動きが活発化しています。

サラリーマンの副業の選び方、4つのポイント

サラ―リーマンの副業の選び方としては、
ビジネスとして極力リスクが低くて稼げる副業を選びたいものです

「サラリーマンの副業の選び方、4つのポイント」をもとに、
リスクが低く稼げる副業を考察します。

①初期費用がかからない

副業の選び方として開始する際に、
初期のコストがかかるのは非常に
リスクが高いとうには理解できると思います。

サラリーマンとして仕事をする中で、
選び方を間違えて初期費用がかかると副業に意識が向き過ぎ、
本業に身が入らず本末転倒な結果を招く恐れが考えられます。

②在庫をかかえない

①の初期費用に繋がる部分ではありますが、副業の選び方としては、
在庫をかかえるビジネスはサラ―リマンには不向きです。

忙しい中、販売活動に使える時間は限られています。

在庫をかかえすぎた場合、返品が出来ないことがほとんどです。

思わぬ負債(借金)を抱えてしまうリスクは避けたいものです。

③利益率が高い。

利益率が高いビジネスを、副業にすることは、選び方として重要です。

あなたはAとBどちらを選びますか?
A、1万円の売上を獲得するのに9千円のコストがかかるビジネス
B、5千円の売上を獲得するのに3千円のコストがかかるビジネス

売上は、必ずしもあなたの収入ではありません。

収入=売上-コストです。
(※コストは、商品の原価、販売かかる広告費等)

Aは収入が千円、Bは2千円です。

サラリーマンの仕事は、自分のセクションの仕事を円滑に行うかが、
お給料に反映するため、売上=収入として仕事を考えます。
この点はおさえておきたいポイントです。

④継続収入になる

サラリーマンは勤務していれば、
お給料という収入が毎月発生します。

副業の場合は、毎月継続的に収入を得られる
仕組みを構築出来るかどうかが、選ぶ際のポイント。

ビジネスを行うに際し継続収入が得られないことが、
廃業していく原因とも考えられています。

4つのポイント満たす副業とは

「インターネットで集客する、購買型のネットワークビジネス」
副業の選び方としては賢い選択です。

4つのポイントを検証します。

①初期費用がかからない

ビジネスとして開始する際に、
商品の愛用者として実際に使用していただくことが前提です。

その際に、商品を購入する費用が初期費用と考えてたとしても
加入している保険を少し見直すだけで解決できます。

商品を、ご自身で愛用することを考えれば、
初期費用はゼロとと同様ではないでしょうか。

②在庫をかかえない

購買型のネットワークビジネスは、
あなたが愛用者として必要な量を購入するだけです。

販売する必要がないので在庫を抱えるリスクはありません。

③利益率が高い

購買型のネットワークビジネスは、
愛用した商品を紹介するのが仕事です。

紹介した人が愛用し続けていただければ収入が発生します。
ご自身で販売しませんので、商品原価は0円です。

紹介するとしても限りがありますが、
集客をインターネットで行うことでコストを抑えて
集客を行うことが出来ます。

経費が必要となるのは、独自ドメインとレンタルサーバー代。

  • 独自ドメインが、年間699円
  • レンタルサーバーが、年間2700円
  • 合計で年間3999円 1ヶ月333円

HPはご自身で作成しますから費用は0円。

1ヶ月333円程度です。
非常に利益率が高いビジネス構造です。

④継続収入になる

ネットワークビジネスの最大の特徴は、
権利収入が得られる点です。

権利収入は、不動産の家賃種入のようなものと考えて下さい。

「権利収入=安定した継続収入」です。

インターネットで集客をし、
愛用者を増やす仕組みをつくることで、
権利収入を得ることできます。

「インターネットで集客する、購買型のネットワークビジネス」
が副業の選び方としては賢い選択であることは理解していただけましたか?

画像の説明副業元年、副業はネット集客型MLM!!

ネット集客MLM

副業元年

資料請求

checkインターネットで集客するネットワークビジネスとは

インターネットMLM情報

資料請求



資料請求