注目のスーパーフード『クルクミンの6効果的』

クルクミンの6効果的
①抗酸化作用
②肝機能を高める
③アルコール代謝作用
④コレステロール値改善作用
⑤美容効果
⑥脳を活性化させる効果


画像の説明

クルクミンは、ウコンなどに含まれている黄色の色素成分で、
ポリフェノールの一種です。

ウコンには、秋ウコン、春ウコン、紫ウコンがあり、クルクミンは、
秋ウコンに最も多く含まれています。

鮮やかな黄色をしていることから、植物性の天然色素としてたくあんなどの漬物、
水産ねり製品、栗やりんごのシロップ漬けなどに利用されています。

スーパーフード『クルクミンの効果』、抗酸化作用

過剰に発生した活性酸素は、細胞を酸化させたり、遺伝子を傷つけたりして、
体に様々なマイナスの影響を与えます。
クルクミンは、体に有害な活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

スーパーフード『クルクミンの効果』、肝機能を高める

肝臓から分泌される胆汁は、主に脂肪を分解して消化・吸収を助ける作用や、
有害物質の分解・解毒をする作用があります。

クルクミンは、胆汁の分泌を促したり、解毒酵素を増加させる働きがあり、
肝臓の機能を高める作用があると言われています。

スーパーフード『クルクミンの効果』、アルコール代謝作用

アルコールの分解で生じた、アセトアルデヒドは、大変強い毒性を持ち二日酔いの
原因となります。

クルクミンは、このアセトアルデヒドの分解を促進する働きがあり、
体外に素早く排出され、悪酔いや二日酔いを予防する効果があります。

スーパーフード『クルクミンの効果』、コレステロール値改善作用

クルクミンには、コレステロール値を低下させる作用があります。
胆汁はコレステロールから生成されます。クルクミンによって胆汁の分泌が促進されると、
コレステロールの消費量が増えるためコレステロール値の低下につながります。

スーパーフード『クルクミンの効果』、美容効果

クルクミンあは、美肌を維持する効果が期待できます。
紫外線などの刺激を受けると、普段はおとなしくしているNF-κB(エヌエフ-カッパビィ)
というものが活動を開始し。NF-κBの活性が肌荒れやシミ、シワなどを引き越します。

クルクミンは、このNF-κBの活性を抑える働きがあるといわれ、
若々しい肌をキープする効果が得られます。

スーパーフード『クルクミンの効果』、脳を活性化させる効果

クルクミンには、脳を活性化させる効果があり、今後アルツハイマーや認知症などに
役立てられる可能性があります。

また、セロトニンを増やす効果もあることから、セロトニン不足で起こるうつ病にも効果
があると言われています。

スーパーフード『クルクミンの効果』を調べて

『クルクミン=ウコン』と聞いて思わず、『いつもお世話になっております』と
心の声が少し漏れそうになりました。

クルクミンには、アルコールの代謝作用を促進されることから身近な、
スーパーフードいえるでしょう。

しかし、クルクミンに含まれる豊富な栄養素は、アルコール作用に留まらず、
多くの効能効果をもたらします。

クルクミンは、パンなどに含まれる『イースト菌』、大豆や卵に含まれる『レシチン』、
ヨーグルトに含まれる『乳酸菌』、と一緒にとると強力な抗酸化物質に変わり、
抗酸化作用が強力になると言われています。

粉末状のクルクミンを食品に混ぜることで、食べやすく強力な抗酸化作用が得られ
とうことです。くれぐれも、『ウコンの○○○』を混ぜることはしないでくださいネ。

区切り線

区切り線区切り線

資料請求ページへ

区切り線

インターネット集客

インターネットMLM情報


区切り線区切り線

資料請求ページへ

区切り線

区切り線

資料請求ページへ