スーパーフードって何ですか?

近年、スーパーフードやオーガニックについての特集などを雑誌やインターネットで見かけることが多くないですか?

ドラックストアなどでも、スーパーフド商品をサプリメントなどと一緒のコーナーで取扱っているの見かけないすか?ちょとした、スーパーフードブームが到来しています。

では、スーパーフードって何でしょうか?

スーパーフードって何?「スーパーフードとは」

「一般社団法人 日本スーパーフード協会」とい団体があり、日本で唯一、スーパーフードマイスターR資格の認定を行っています。

「一般社団法人 日本スーパーフード協会HP」では、スーパーフードにつてい協会が認定している定義があります。そこで、原文を引用させていただき、ご紹介します

スーパーフードの定義

栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。

一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

スーパーフードの基準

スーパーフードの発祥の地アメリカで、一般的に「スーパーフード」として認知・評価されている食品であること。

「食歴」が長く、何世紀にもわたって人々の健康に寄与してきた食品であること。
それにより、人体に及ぼす可能性がある、あらゆる問題が解明されており、その安全性に不安をもって食することがなく信頼がおけるもの。

スーパーフードって何?「スーパーフードの発祥はアメリカ」

スーパーフード定義などの情報を見ると「栄養価が高い」「一部の栄養・健康成分が突出して高い」食品であり、アメリカで研究が盛んに行われています。

スーパーフードの始まり

スーパーフードは、1980年代頃にアメリカやカナダで使われ始めた言葉です。

アメリカのでは、ロー・ビングフードという低温調理法がブームが起こり、この低温調理法がスーパーフードの栄養素を破壊せず、活かすことができることから人気がではじめました。

スーパーフード処方箋~あなたの人生を変える14の食品(スティーブン・プラットの著書)』の影響が「スーパーフード」を広めたと考えられています。

著書において、「健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品」と定義し、老化、生活習慣予防、癌リスク低減すると紹介しています

取り上げた食品も、身近な野菜や果物(リンゴの皮、ニンジンの葉etc)とい部分も多いに影響しているようです。

スーパーフードを広めたもう一冊の本

『スーパーフード(デイヴィッド・ウォルフ著、2009年)』もスーパーフードを広めた著書として有名です。

著書では、スピルリナやカカオ、ココナッツ、クコの実など「健康食品」を取り上げているのが特徴です。

著書では、「ある特定の有効性分の含有量が飛び抜けて高いもの」「ごく少量で栄養・健康成分を効率よく摂取できる」こ2点を「スーパーフード」と定義しています。

「一般の食品よりビタミン、ミネラル、クロロフィル、アミノ酸といった必須栄養素や健康成分を多く含む、おもに植物由来の食品」を前提としてるため、一定の食品を指しているもではないようです。

区切り線

区切り線

注意ネットワークビジネスは、インターネットで集客する時代です!!

『ネットワークビジネス』には抵抗がない方でも、『口コミ勧誘』に抵抗があると多くの相談を受けることがあります。スマートフォンの普及とともに、インターネットでの集客にが可能となりました。インターネットであれば、口下手な人でも、時間が拘束される多忙な方でも、一生懸命努力する方であれば活動し収入を得ている方も多くいらっしゃいます。ネットワークビジネスは、ネット集客の時代です。※「口コミ勧誘」より楽だと感じて取り組むのは止めましょう、必ず失敗します。

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

インターネット集客

インターネットMLM情報

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

無料パンフレット請求

区切り線


無料パンフレット請求


最期のチャンスだよ^o^/

ご案内資料