ネットワークビジネス「ねずみ講とマルチの3つの違い」

ネットワークビジネスとねずみ講は、構造が似ているように見えますが、異なるものです。

ネットワークビジネスに関わることを考えるのであれば、『ネットワークビジネスとねずみ講の違い』はビジネスをするうえで理解しておきたい知識です。

ネットワークビジネスと「ねずみ講」3つの違い

①ネットワークビジネスは合法、ねずみ講は犯罪

  • 一番目のポイントは「ネットワークビジネス=連鎖販売取引=合法」「ねずみ講=無限連鎖講=犯罪」とい点です。
  • ネットワークビジネスは、連鎖販売取引にのっとた合法的なビジネスであり、ビジネスとして展開できる人には限りがあります。
  • ねずみ講は「無限連鎖講」という「無限に参加者が増え続ける」とうありえない前提のもとで行われる犯罪行為です

②ネットワークビジネスは製品流通があり、ネズミ講はない

  • 2番目のポイントは『ネットワークビジネス=製品流通による売上を還元』『ねずみ講=製品流通のない金銭配当組織』といことです。
  • ネットワークビジネスは製品の売上を販売者に還元する、ビジネスです。
  • ですから製品流通実績に応じて報酬が支払われるからこそ、誰もが平等にビジネスに参加ができるのです。
  • ねずみ講は、製品の流通がなく、会員からの出資金を分配することだけを目的としています。
  • そのため、無限に会員を増やす続けないと破綻する仕組みになっています。
  • 表面的な商品の流通させる、ねずみ講もありますが、金銭配当が主な目的なので、一般相場より著しく高い値段です。

③ネットワークビジネスは愛用者が存在し、ねずみ講は存在しない

  • 3番目のポイントは、「ネットワークビジネス=製品の愛用者が存在」「ねずみ講=製品の愛用者は存在しない」とう点です。
  • ネットワークビジネスは、高品質な製品を消費者に流通させることに主眼をおき、紹介活動を行うことでビジネスの機会を提供しています。
  • 製品を使い続ける愛用者が多く、製品流通が多いため長年にわたって主宰企業は事業を展開できるのです。
  • ねずみ講は製品流通がなく、金銭配当目的に重きをおいているため、愛用者が存在しません。
  • 出資することで配当を得られるとう金融商品を扱っている場合もありますが、購入者は、お金だけが目的だけです。
  • お金の流れがストップした時点で、その製品。サービスの購入をやめるでしょう。
  • 結果、一部の会員だけが儲けて、末端会員は収益を得ることなく、破綻していきます。
  • 消費者庁の見解としては、「一般的に実態のある商品が媒介されているか、いないかがネットワークビジネスと、ねずみ講の一番の違い」としているようです。

区切り線

区切り線

画像の説明40代から夢が持てる、ネット集客型ネットワークビジネス!!

『ネットワークビジネス』には抵抗がない方でも、『口コミ勧誘』に抵抗があると多くの相談を受けることがあります。スマートフォンの普及とともに、インターネットでの集客にが可能となりました。インターネットであれば、口下手な人でも、時間が拘束される多忙な方でも、一生懸命努力する方であれば活動し収入を得ている方も多くいらっしゃいます。ネットワークビジネスは、ネット集客の時代です。※「口コミ勧誘」より楽だと感じて取り組むのは止めましょう、必ず失敗します。

画像の説明

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

インターネット集客

インターネットMLM情報

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

無料パンフレット請求

区切り線


無料パンフレット請求


最期のチャンスだよ^o^/

ご案内資料