ネットワークビジネスとフードビジネスの共通点「コピービジネス」

ネットワークビジネスとフードビジネスの共通点

成果を出すには「自分の分身を育成すること」

コピービジネスとは、人材育成ビジネス!!

区切り線

ネットワークビジネスとフードビジネスの共通点について

ネットワークビジネスとフードビジネスの共通点について

自分が関わった、外食産業(フードビジネス)の仕事ついて少しお話しします。

1990年~2010頃の、外食産業(フードビジネス)の基本的なビジネス構造は、『社員1名+アルバイト』で店舗を構成し、チェーン展開するのが主流でした。

現在は、2~3店舗に正社員1名+アルバイトの構成でチェーン展開しているところが多いかもせれません。

自分が勤務していた企業は、社員1名で24時間年中無休の店舗を運営します。

店長は、8日~9日の休みと、月に2回程度の店長会議などに参加します。

一ヶ月の間に、店長が店舗に出勤すのは、20日前後です。

店舗に出勤したときは7.5時間の店舗での調理接客業務と『2~3時間程度』の店長業務を行います。

1ヶ月の店舗が運営されている時間:24×30=720時間

1ヶ月の店長が店舗にいる時間:(7.5+3)×20=210時間

1ヶ月の店長が店舗にいない時間:24×30-210=510時間



全体の2/3がアルバイトスタッフのみで運営されています。

店長不在時に、店長と同等のスキルと考えたを持ったスタッフを育成しなと、店舗運営は成り立たないということです。

店長の仕事は、自分の『分身=コピー』をつくると!!

「店長の仕事は、自分の『分身=コピー』をつくると!!」

「マニュアルは暗記でるまで読見込むこと!!」

「店長が磨べきは事は、人間性!!」


入社後すぐに、行われる3か月間の店舗配属前の研修で耳にタコが出来るほど、研修センターや研修店舗で言われます。

店長の仕事は、自分の『分身=コピー』をつくると!!

アルバイトスタッフは、店長と一緒に仕事をする際の店長の行動を良く観ています。そして真似をします。

「マニュアル」が店長の頭に入っていなければ、正しく教えることことができませんし、店長が間違ったやり方をしていれば、商品のクウォリティーも、店舗の接客サービスも、衛生状況も低下します。

店長の人間性や仕事に対する取組方が店舗運営にそのまま反映され売上に大きく影響するのです。まさに、フードビジネスは「コピービジネス」と言えるでしょう。

ネットワークビジネスを学んで

ネットワークビジネスを学んでいると、ネットに関連書籍に以下のような文言を目にします。

「ネットワークビジネスはコピービジネスです」

「最初、アップラインの真似をしてください」

「ダウンが出来てきたら、5人の分身を育成し下さい」

「5人の分身=5人のコピーです」



どのビジネスにも基本、原理原則と呼ばれるものが存在します。原理原則に基づいてて判断し行動します。原理原則を部下に伝え、同様の判断ができるように育成します。

ネットワークビジネスを学んで

ネットワークビジネスは、ビジネスですから育成は大切です。

ネットワークビジネスにも原理原則も、コピービジネスであるという点は共通しているのではないでしょうか?

こんなことを、ネットワークビジネスの書籍を読んだり、アップラインからの話を聴きながら、「あれっ、フードビジネスを似ている!!」とこの記事を書きながら改めて認識してます。

「フードビジネスも、ネットワークビジネスもコピービジネスなんだと!!」

区切り線

NEXT「2×2=4は間違い」ネットワークビジネス組織構築の考え方

区切り線

画像の説明40代から夢が持てる、ネット集客型ネットワークビジネス!!

『ネットワークビジネス』には抵抗がない方でも、『口コミ勧誘』に抵抗があると多くの相談を受けることがあります。スマートフォンの普及とともに、インターネットでの集客にが可能となりました。インターネットであれば、口下手な人でも、時間が拘束される多忙な方でも、一生懸命努力する方であれば活動し収入を得ている方も多くいらっしゃいます。ネットワークビジネスは、ネット集客の時代です。※「口コミ勧誘」より楽だと感じて取り組むのは止めましょう、必ず失敗します。

画像の説明

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

インターネット集客

インターネットMLM情報

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

無料パンフレット請求

区切り線


無料パンフレット請求


最期のチャンスだよ^o^/

ご案内資料