ネットワークビジネスの権利収入って確定申告は必要??

確定申告とは

1年間(前年1月1日~12月31日の所得と所得税額を計算し所得税を決定する手続きのこと

ネットワークビジネスも確定申告は必要です

ネットワークビジネスのディストリビューターは個人事業主扱いです。

税金を払う必要の有無や、払い過ぎがないかを自身で手続きをする必要があります。

ネットワークビジネスで確定申告する収入の目安

ネットワークビジネスを専業で行っている方は、収入から経費を引いた所得が38万円以上の場合は、確定申告の義務があります。

サラリーマン・OLなどで副業で行っている人は、ネットワークビジネスの所得が年間20万円を超える場合は雑所得として申告が必要です。

確定申告は、青色申告と白色申告の2種類があります。

青色申告は、年間で200万円~300万円以上でネットワークビジネスで生計をたてている人が対象です

白色申告は、小遣い稼ぎレベルの収入の場合に良いと思います。

時間もかからず、簡単に出来る利点です。

ネットワークビジネスと確定申告「経費とは」

経費とは、簡単に言ううとネットワークビジネスの活動で必要としたお金です。

一般のサラリーマンと違い認められにくいものも「ビジネスに必要な理由」を明確に説明できれば経費として認められることが多いです。

ネットワークビジネスの経費の例

  • 地代家賃:事務所の家賃など
  • 減価償却費:パソコンなどの10万円以上で原価償却により資産計上するもの
  • 通信費:電話代、サーバー代。プロバイダー代、インターネット接続料、メール便等
  • 消耗品費:10万円以下の消耗品(プリンタのインク代や用紙代等)
  • 交際費:打ち合わせにかかった費用
  • 旅費交通費:電車賃、バス代、タクシー代
  • 修繕費:自動車や自転車の修理代
  • 車両費:ガソリン代、駐車代、高速代
  • 新聞図書費:ビジネスの勉強の必要だった新聞や雑誌や書籍代
  • 雑費:ネットワークビジネスに関するセミナー参加費等
  • その他:他諸経費

確定申告は、インターネットで自宅で行うこと可能です。

詳しいことは、税務署にお尋ねいただくことをおすすめします。

区切り線

区切り線

画像の説明40代から夢が持てる、ネット集客型ネットワークビジネス!!

『ネットワークビジネス』には抵抗がない方でも、『口コミ勧誘』に抵抗があると多くの相談を受けることがあります。スマートフォンの普及とともに、インターネットでの集客にが可能となりました。インターネットであれば、口下手な人でも、時間が拘束される多忙な方でも、一生懸命努力する方であれば活動し収入を得ている方も多くいらっしゃいます。ネットワークビジネスは、ネット集客の時代です。※「口コミ勧誘」より楽だと感じて取り組むのは止めましょう、必ず失敗します。

画像の説明

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

インターネット集客

インターネットMLM情報

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

無料パンフレット請求

区切り線


無料パンフレット請求


最期のチャンスだよ^o^/

ご案内資料