ネットワークビジネスは真剣な5人のメンバー獲得で成功する

★ネットワークビジネス成功のポイント★

ネットワークビジネスで成功するには、

真剣な5人のメンバーと逢う事

5人の仲間にであったら、5人の集客を手伝う事


真剣なメンバーの獲得に集中すること

ネットワークビジネスは、集客活動をだけやっても成功はしません。
もし、そう考えているのなら必ず失敗します。
集客は、あくまでも入口にすぎません。

大切なことは、あなたの言葉に耳を傾けダウンとなった仲間が、
上手にビジネスをスタートさせる手助けをすることです。
一人で出来ることは、たかが知れています。

真剣なメンバーが集客できるよになると、組織は急速に拡大して
いきます。

テコの原理が働き、組織の拡大の追い風になるからです。
テコの原理の例えに、「2×2=6」といネットワークビジネスの
公式があります。

テストにでますので、ノートにメモして下さい。
必ず役立つ知識です

ネットワークビジネスの公式「2×2=6」

あなあたが2人を仲間にし、その2人が2人の仲間を
獲得したとします

その場合、2×2=4ではありません!!

すでに2人の仲間を、あなたは獲得しています。
2×2+2=6になっています。

あなたが、真剣なメンバーを5人獲得し、5人が同様に
真剣なメンバーを5人獲得したとします。

■1段目には5人
■2段目には25人
■3段目には125人
■4段目には625人

合計で780人の組織が構築できます。


この780人が製品の愛用者と使っていれば、大きな流通網が
完成します。

ビジネスをしなくても製品をを愛用していれば、権利収入が
得られる。

これが、ネットワークビジネスの醍醐味です。

直ダウンは5人まで!!

真剣なメンバーが5人以上いれば、もっと大きなテコの原理が
働くのではと考える人もいるかもしれません。

しかし、直ダウンは5人までにしてください。

何故か・・・・
同時に5人を超えた人を同じように育成するのは不可能です。
同時に5人を超えた人を育成は、効率が悪いです。

ここで、私が外食産業で新規店舗を立上げ際の話を少し。
はじめて、新規店舗を立ち上げる際に上司に言われたことは、
「中嶋店長が直接教育するのは、早番3名、遅番1名、深夜1名
で後は5人に教育させること」と言われました。

早番3名なのは、発注、清算、入金などの管理業務が集中してい
ことと、飲食店は、11時半~13時半に入客が集中するため、
オペレーションの能力も高い人材を育成する必要があるため
です。

早番に入るスタッフさんは、フリーターの人も多く、他の時間
でも融通が効くことも理由としてあります。

後は、この5人としっかりとコミュニケーションをとって教育計画
を立て行けば店長の仕事はグッと楽になります。

店舗運営の上手でない店長さんは、コミュケーションが欠如
しているか、スタッフ全員とコミュケーションを密にとろう
とすることです。

前者は、説明するまでもないですが、後者は物理的に不可能な点
と中途半端に店舗を任されるため、退職する確率が高いです。
「人手不足の店舗あるある」ですネ!!

話がそれたので戻します。

この5人に出逢うまでが、大変かもしれません。
この5人に出逢うまでは、10人、15人、20人と集客活動をする必要
があるかもしれません。

真剣なメンバーを5人獲得だけでもハードル高いのに

「真剣なメンバーを5人獲得だけでもハードル高いのに」
「1人獲得だけでも大変、5人なんて無理!!」

そんな声が聞こえてきました。

気のせいでしょうか?

心配いりません、インターネットを使うことで「口下手な人」
「ビジネス初心者」でも5人誘うことは可能です。

インターネットでネットワークビジネスが世間に与える誤解を
とき、「あなた」とう人を理解してもらえるホームページを作製し
情報発信しれば良いのです。

インターネット集客インターネット集客のノウハウはここにあります。

インターネット集客

インターネットMLM情報

資料請求

資料請求