体を酸化させる食べ物を避けましょう!!

区切り線

活性酸素は、細胞を破壊し老化現象や病気を引き起こします。

区切り線

「活性酸素」が、様々な老化現象うあ病気を引き起こす、原因になっているのは、多くのメディアでも取り上げられてご存知の方も多いと思います。

「活性酸素」を出来るだけ増やさないように、口にする食べ物に気を付けることで、体の酸化を抑えることが出来ます。

体を酸化させる食べ物

どの様な、食べ物を口にすると体は酸化していくのでようか?

当たり前の様に聞こえますが、酸化した食べ物を摂取することで体は酸化します。

林檎の皮をむいて時間がたつと、変色しますよね。林檎が酸素に触れることで酸化すすんでいるサインです。

同様に、食べ物を空気中の酸素に触れさせると酸化がすすんでいきます。お惣菜、お弁当の作りおきなどは、酸化がすすんだ状態と考えて良いでしょう。
極力作り立てを口にしたいところです、

油は体を酸化させる食べ物のホームランバッター!!

油は空気に触れた瞬間に一気に酸化する食べ物です。油そのものよりも、揚げ物ですね。揚げた後に時間が経過すれば、酸化はどんどん進んでいきます。

カップラーメンなどのインスタント食品や、ポテトチップスなどのスナック菓子も油で揚げています。体を酸化する食べ物であることは、理解できるでしょう。

添加物の多い食べ物は体を酸化させる!!

スーパー、コンビニで販売されている食べ物には、添加物が必ず含まれていますよね。

酸化防止剤、発色剤、合成調味料等が製品の裏を見れば、多くの添加物が必ず入っているのがわかります。添加物が体に入ると、添加物を「毒」と認識し活性酸素が活発に反応します。

活性酸素の活発な活動が、添加物を攻撃するだけでなく、周囲の良い細胞まで攻撃し破壊するのです。

体が酸化するのを防ぐために、食べ物の成分表示を確認して添加物の多すぎる食品は避けるようにしたいものです。(なかなか難しいですが・・・・・・・)

脂質の多い食べ物は、体を酸化させる!!

脂質は、取りすぎると血液にコレステロールや中性脂肪を増やします。

血液中にある脂肪は、活性酸素と結びつき「活性化脂質」に変化し、血管をつまらせたり、皮膚の老化をまねきます。

脂質は、お肉に多く含まれますが、マグロのトロ、フライドポテト、マーガリン、バター、マヨネーズ等にも多く含まれています。

体を酸化から救う、抗酸化物質

活性酸素は、アンチエイジング、美容や健康の大敵です。抗酸化物質を普段の食事に取り入れことで、体の酸化を抑制することができます。

しかし、普段意識的に抗酸化物質を含む食べ物を口にしても必要量をとるこは難しく、サプリメントで不足する量を補うのが現状のようです。

区切り線

注意ネットワークビジネスは、インターネットで集客する時代です!!

資料請求ページへ

区切り線

インターネット集客

インターネットMLM情報

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

区切り線

無料パンフレット請求

区切り線


無料パンフレット請求


最期のチャンスだよ^o^/

ご案内資料