活性酸素を除去するSOD酵素の働き

癌、成人病、老化現象などの原因とされ、存在がクローズアップ
されている「活性酸素」。

「活性酸素」の存在より、「活性酸素」が過剰に増えることが、
体内に悪影響を及ぼします。

その為、「活性酸素」が過剰に増えることを抑制する物質が体内
で作られ健康を阻害しないような仕組みが出来ています。

「活性酸素」を過剰に増えることを抑制する物質がSODと呼ばれる
酵素です。

SODと「活性酸素」の除去作用

「SOD」は、Super Oxide Dismutase(スーパー・オキサイド・
ディスムターゼ)が正式名称で、「活性酸素を除去する酵素」
という意味があります。

体内で「活性酸素」が増えすぎないように、除去作用のある
「抗酸化酵素」が働きかけ、健康を阻害しないようにしています。

しかしSODの産出能力は、25歳から降下しはじめ、40歳を過ぎて
急激に低下し、体内のSODの「活性酸素」与える除去作用も低下
します。

SOD産出能力の低下に伴い、活性酸素が増えて、「癌」「脳卒中」
「心筋梗塞」「動脈硬化」「糖尿病」などの成人病、「アトピー
性皮膚炎」「関節リュウマチ」「老化」「シミ」「ソバカス」の
などの疾患を引き起こします。

地球規模での急速な環境汚染や、受験などのよる幼少期からの
ストレスなどに伴い活性酸素が大量に発生しやすくなり、SOD
だけでは除去能力が間に合わなくなっているのが現状です。
区切り線

SODの低下を補う「抗酸化物質」で「活性酸素」を除去

SOD産出能力は、環境、年齢等の要因で避けられない状況にあります。
SODの変わりに、対外から「抗酸化物質」と呼ばれるものを体内に
取り込むことにより活性酸素を除去・抑制する必要があります。

抗酸化物質を含む食品としては、「カロテノイド」を含む、ニンジン
(β―カロテン)、トマト(リコピン)、緑黄色野菜、ブルーベリー
(ルティン)や「ポリフェノール」含む、赤ワインや茶カテキ
(タンニン)、茶(カテキン)etcがあります。

抗酸化力の強さにより、アンチエイジング、生活習慣病の予防、
老化防止効果が大きく期待されていますが、食べ物から抗酸化
物質をとるのも限界があり、サプリメントと併用するのが現代
の主流となっています。

区切り線

インターネット集客

区切り線

資料請求

インターネットMLM情報

資料請求


資料請求