何故!!難聴が認知症のリスクを高める理由

権威ある、専門誌Lancet(ランセット)に、
認知症の予防や治療にに関する新しい
知見が発表され、難聴が認知症のリスクを
高める関係にあるとのこと。

仮に、難聴を完全になくすと認知症が9%も
減らせると指摘している点は驚きである。

聴力に何らかの問題を抱えている人は、
イギリスでは、およそ6人に1人、
日本では、20歳以上の人口の約13.1%で
およそ1000万人以上の人が問題を
抱えていることになります。

難聴と認知症に関係性

難聴

何故、難聴になると認知症のリスクが
高まるのでしょうか?

難聴になると、コミュニケーションが
とりにくなるため、社会的に孤立しやすく
なるため、精神的なストレスとなり、
認知症になりやすくなるとうこと。

もう一つは、脳が音を理解する働きは、
とても複雑な処理がされているために、
脳の働きに大変負荷がかかるのです。

聴力が低下し、音声が聞き取りづらく
なると、脳が意味を理解するために
通常の言語処理以上に負担がかかり、
頻繁に大きな負担を脳にかけ過ぎると、
脳に余裕がなくなり、脳の全体の機能が、
低下すのでは?とも言われています。

認知症の対策に難聴の兆候を知る

耳鼻科を受診


英NHSが提供する一般向けの情報サイト
「NHS Chioces」では、難聴のサインとして
次のような点を挙げています。

  • 他の人の話し声が良く聞こえなかったり聞きまちがえたりする
    (特に何人かで話をしているとき)
  • 会話中に聞きなおすことがある
  • 音楽やテレビのボリュームが他の人から見て大きい
  • 電話の呼び出し音やドアベルの音になかなか気が付かない
  • 雑音がどの方角から来ているかがわからない
  • 聞くことに集中するために疲れたりストレスを感じる

以上のサインがある場合、一度、耳鼻科を受診する
ことを推奨しています。

本人が、難聴の兆候に気付く前に周囲の人が
気付くこと多いことから、家族で聴力の異変を
感じた時点で本人に伝えることも大切だと
思われます。

認知症予防対策に難聴予防を

予防のポイント

では、難聴は、どうすれば予防できる
のでしょうか?

NHSサイトでは、下記の点を予防のポイントと
として薦めています。

  • 1)テレビや音楽の音量を大きくしすぎない
    特に小さな子どもの耳は繊細なので注意。
    2m先の人と快適に会話できるくらいの音量にする
  • 2)周囲の雑音をカットできるヘッドフォンを使う
    周囲の雑音の影響で音楽のボリュームを上げるのを防ぐため。
    ノイズキャンセリング機能がついたものを使うのも良い。
  • 3)外部の音がうるさい場所で働くときは、耳を守る道具を使う
    イヤーマフ、耳栓など
  • 4)コンサートや自動車レースなど大きな音がする場所は注意
  • 5)自分や自分の子どもの耳の中に、むやみに異物を入れない
    指、綿棒、ティッシュなどを含む
  • 6)難聴の原因となる病気に気をつける
    中耳炎、メニエール病など
  • 7)自分や子どもの聞こえに問題を感じたら、医師を受診する

聴力はどうしても加齢とともに衰えるので、
対策をとっても難聴になる場合はあります。

「難聴」と「脳」の関係が明らかになりつつある中、
若いころから耳を「消耗品」と考えて大切にしてあげる、
必要性はあると思います。

それ以上に、オメガ3などの脳機能を高める
栄養素をとることで、認知症の予防に繋がる
のではないでしょうか?


区切り線

区切り線

ご案内資料

画像の説明夢がかなう、ネット集客型ネットワークビジネス!!

『ネットワークビジネス』には抵抗がない方でも、『口コミ勧誘』に抵抗があると多くの相談を受けることがあります。スマートフォンの普及とともに、インターネットでの集客にが可能となりました。インターネットであれば、口下手な人でも、時間が拘束される多忙な方でも、一生懸命努力する方であれば活動し収入を得ている方も多くいらっしゃいます。ネットワークビジネスは、ネット集客の時代です。※「口コミ勧誘」より楽だと感じて取り組むのは止めましょう、必ず失敗します。

画像の説明

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

インターネット集客

インターネットMLM情報

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

無料パンフレット請求

区切り線


無料パンフレット請求


最期のチャンスだよ^o^/

ご案内資料