40代で夢を持ち続けるには

区切り線

40代には3種類の生き方がある

区切り線

40代になると生き方が3種類に分かれてきます。

希望と夢をもって生きるのか、はたまた退屈を感じながら生きるのか、あるいは絶望とともに生きるのか、いずれにしても40代はもう一度、本当に自分が望んで生きるコースを選択するタイミングです。

あなたは、どのタイプですか?

区切り線

40代の3種類の生き方
①希望と夢をもって生きる人生
②退屈を感じながら生きる人生
③絶望とともに生きる人生

区切り線

40代の「3種類の生き方」と「夢」

40代の3種類の生き方について順番に見ていきます。

①希望と夢をもって生きる人

自分の夢はいずれ実現すると思っています。自分がやることはきっとうまくいくだろうと考えています。どんな状況でも、笑顔で、前向きに、自分から行動をしていきます。

②退屈を感じながら生きる人

安全な領域から出ようとしない人です。自己啓発本などで良く見られる例えですと、「ぬるま湯に浸かった状態です」。退屈でも、安定とういう名の「幻」を見ている人たちです。

③絶望とともに生きる人

過去のいろんな体験のせいでどうせこれからもうまくいかないだろうと考える人です。

そこにはまりたくてはまったわけではなくて、気がついたらそうなっていたのです。

一生懸命、生きていたのに真面目さがたたって、気がついたら自分の心が暗い雲に覆われてしまうこともあるのです。

夢を忘れる40代

自分の子どものことや家庭のこと、仕事のことや経済状況。親や周囲のことなど、40代は忙しく夢など考えている時間もない10年間です。夢を忘れる40代とう「魔の10年間」を、「最高の10年」にするのも、あなた次第です。

人から夢を取ってしまったら何が残ると思いますか?極端に言いうと「人生への後悔と死への恐怖です」。人間は最終的に強制的に2種類の選択を迫られます。生か死の2つの選択です。これも、極端ですが・・・人は死と向き合うとき、初めて、人生と向きあいます。

あなたは、どちらの選択をしますか?

40代のこれからの人生、大きく2つの道にわかれます。

①ゆっくりと死ぬほうに向かっていく

②夢に向かって命を燃やしていく。



「妻」、「子」、「親」、「友人」へ、あなたは、どんな生き方見せたいのでしょうか?

人に与えたれた平等な才能

パナソニックの創業者である松下幸之助さんは,「成功の秘訣は何ですか?」と聞かれたとき、「成功するまでやめないこと」と答えたそうです。

イギリスのチャーチル元首相は大学で講演を頼まれ「ネバーネバーネバーネバーネバーネバーギブアップ!」とだけ叫んで演壇から降りたそうです。

心がしっかり定まっていたら、たいていのことは突破できることを伝えた言葉です。

区切り線

人は、自分には人脈も才能もないと嘆くものでが、実は平等に才能を与えられています。

「決してあきらめない」という才能です。「決してあきらめず、コツコツと努力する」ことは全ての人に与えられた才能ではないでしょうか?

40代、失敗も多くなり、挑戦することを辞め、諦めるとう選択をしやすくなります。

もう一度、立ち止まって、これからの人生を考えてみてはいかがでしょうか?

ご案内資料

画像の説明夢がかなう、ネット集客型ネットワークビジネス!!

『ネットワークビジネス』には抵抗がない方でも、『口コミ勧誘』に抵抗があると多くの相談を受けることがあります。スマートフォンの普及とともに、インターネットでの集客にが可能となりました。インターネットであれば、口下手な人でも、時間が拘束される多忙な方でも、一生懸命努力する方であれば活動し収入を得ている方も多くいらっしゃいます。ネットワークビジネスは、ネット集客の時代です。※「口コミ勧誘」より楽だと感じて取り組むのは止めましょう、必ず失敗します。

画像の説明

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

インターネット集客

インターネットMLM情報

区切り線

資料請求ページへ

区切り線

無料パンフレット請求

区切り線


無料パンフレット請求


最期のチャンスだよ^o^/

ご案内資料